五月女 圭一の走り方

採用情報

RSS

<働き方改革>全スタッフがフリーランス対象へ既存の労働時間の概念から外れ、自己実現を軸にしたワークとライフの統合にシフト

コメントトラックバック

Date  2018/5/7 Category  GATE inc. / プレスリリース / 採用情報 / 組織の作り方の特徴

ゲイトは、2018年4月より全スタッフをフリーランス化の対象とし、ワークとライフを一緒と捉え、
自主性を高めて自己実現を推進させる考え方にシフトします。

ひとりひとりが能力を存分に活かし、より良い将来の展望を持てる人生を、
会社として支援出来る仕組みを加速させていきます。

近年、ライフスタイルや価値観の多様化、インターネット環境の進化、
グローバル化に伴う競争激化、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少、育児や介護との両立など、
企業を取り巻く環境は劇的に変化している中、
投資やイノベーションによる生産性向上とともに、
現代の社会に適応する就業機会の拡大や意欲・能力を発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

ゲイトでは、設立当初(1999年/1月)より兼業や副業を推奨しており、
働き方改革の一環として2010年には一部の事業部にフリーランス制度を導入しました。

インターネットが普及し、コミュニティが多様化する現代において、仕事と私生活をわけることは不自然であり、
拘束時間=労働時間という働き方では自己実現が遠のきます。

これからは個々の興味による活動やコミュニティにて能力を発揮し、
複数の場所から必要とされる人材となり、
仕事へと繋げていくといったワークとライフが重なる働き方が増えていくと考えています。

ゲイトは2015年にはICTを活用したテレワーク環境を整えており、
場所や時間に縛られず、子育てとの両立や、都心部とローカルを跨ぐ働き方、複数の仕事に挑戦し個人の可能性を広げられるパラレルワークなど、
各自のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を実現しています。

また代表の五月女は実業家の心構えとして「明確なビジョンと起業家自らのハードワークは欠かせない」と考えており、
意欲ある人材はフリーランス化によって一層働けるフィールドが整ったこととなります。

働き方改革には生産性の向上も同時に必須であり、
米・メンフィスと三重県桑名市ではIT活用サービス事業を展開し、
バックオフィスへの業務集約化やRPAによる自動化を進め、非生産時間の削減しています。

加えて外部業者に依存した構造からの脱却として、漁業の操業や自社物流の取り組みをはじめとする内製化も進めており、
より成果物の質・量を増やすべく既存の業態に捉われないビジネス構造改革に尽力しています。

今後スタッフの採用はフリーランスに絞り、
フルコミット、プロジェクトコミットなど、個人の興味・感心に合わせた形で募集し、関わるメンバー全員が研鑽できる場を整えるとともに、
働き方について考える会も定期的に開催し精度を高めて参ります。

【生産性向上の取り組み】
1)ストアビジネスの業務をバックオフィスで代行
2)バックオフィスの発展的複数拠点化と役割分担・東京本社=業務の消滅・桑名=業務の分解・米メンフィス=RPAによる自動化
3)テレワーク推進のためスタッフにiPhoneを支給
4)ビデオ動画アプリを活用したテレワークの日常化
5)店舗の営業時間見直し
6)店舗のあり方の見直し
不特定多数を待つ従来の店舗スタイルからCommunication Hubとしてプラン

【業務の消滅を狙う取り組み】
1)現金管理の消滅=店頭取引でのキャッシュレス化を推進
2)人事労務管理の消滅=フリーランス化により契約管理に変わる
3)販売管理の消滅=原料管理に変わる
4)引き継ぎ業務の消滅=オンライン共有マニュアルTeachme Bizの活用の徹底
5)店舗仕込み業務の消滅=東京本社のバックキッチンにて店舗の仕込みを集約。
将来的に東京での仕込みを消滅させる。生産地に研究所を設置して、仕込みを生産地で完了させる研究中
6)年間100万枚の皿洗いの消滅=お皿自体をなくす実験

■会社概要
株式会社ゲイト/Gate Inc.
代表取締役CEO:五月女圭一
設立     :1999年1月
事業内容:サービス事業、漁業
URL        :http://gateinc.jp/

■問い合わせ先
広報担当:福田/安福/尾方
住所     :東京都墨田区菊川1-13-8 五月女ビル菊川6F
TEL         :03-6666-0075
mail         : info@gateinc.jp

 

【参考:ゲイトフリーランスの具体例】
三重県にある桑名オフィスでは、
フリーランスの女性3名がテレワークにてクライアント(ゲイト含む)のバックオフィスに従事。

オンライン共有マニュアルTeachme Bizを活用し、業務の消滅を目標に生産性の向上に取り組み、
分解したルーチンワークについては、米・メンフィスのメンバーと連携し、RPAによる自動化へ移行。

結果、労働時間の概念から外れた働き方を実現し、
パラレルワークや子育てとの両立など、各自のライフスタイルに合わせた働き方を実現しています。

また共働き家庭にて社会問題になっている「小1の壁」に直面しているメンバーにおいては、
孤立しがちな在宅ワークではない働き方を模索し、
子供と一緒に出勤でき同じ空間で子供と一緒に仕事が出来る「子連れ出勤」の環境を整えようと進めております。

※小1の壁とは
小学校入学後、夜間まで預けることが困難になり、働き方の変更や仕事の継続が困難になる社会問題。
主に母親が影響を受け、子どもの小学校入学を機に仕事を退職するケースもある。
主な原因としては、保育園のような延長保育が学童保育では対応できない、
時短勤務の対象が子どもが小学生になるとなくなる、保護者会や授業参観などの平日日中の行事が増える、
利用者の増加のため学童保育を利用できないなどが考えられている。
これを受け、内閣府から2014年6月に発表された「経済財政運営と改革の基本方針」には、
学童保育の時間延長や待機児童ゼロを実現するための対策が盛り込まれている。

 

コメントトラックバック

【ゆるゆる座談会開催のお知らせ】

コメントトラックバック

Date  2014/9/16 Category  GATE inc. / 五月女圭一 / 採用情報

ご好評いただいている弊社代表との会食の場を引き続きご用意いたします。
説明会や選考会でもなく、リラックスした時間の中で、皆様からのご質問やご相談をお聞きし、役立つ機会になれば幸いです。
ゲイトに所縁のある社会人、ビジネスマン、自由人の方も参加していただいてます。
ぜひお気軽にご参加ください。

日時
2015/1/13火18:00-20:00
2015/2/2月18:00-20:00
2015/2/16月18:00-20:00
2015/3/9月18:00-20:00

会場
新橋銀座 くろきん 和の家
東京都港区新橋1-9-2 新橋二光ビルB1
http://izakaya.gateinc.jp/shinbashi2

※参加費無料(食べ放題飲み放題)。
※参加希望の旨メッセージを事前にください。
※以後の予定は調整します。ご希望などがあればそちらもメッセージください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待たせしました。
直近就職活動控えてない大学1,2年生でもOKです。
あくまで五月女とゆるゆるで話す機会という設定です。

ご希望の方はメールrecruit@gateinc.jpになってますが、コメントでも、facebookでもLINEでも何でも大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かねてから就職を考えている学生の方、転職希望の方からリクエストをいただいておりました、弊社代表との会食の場をご用意いたしました。
説明会や選考会でもなく
リラックスした時間の中で
皆様からのご相談や、お話をお聞きし、ご要望に役立つ機会になれば幸いです。
ぜひお気軽にご参加ください。

会場 新橋銀座 くろきん 和の家
〒105-0004 東京都港区新橋1-9-2 新橋二光ビルB1

http://izakaya.gateinc.jp/shinbashi2

※参加費無料(食べ放題飲み放題)

9/23 火 1300-1500 
10/2 木 1800-2000
10/20 月 1800-2000
10/28 火 1800-2000
11/17 月 1800-2000

※参加の事前予約希望の旨メッセージをください
もしくはrecruit@gateinc.jpまでメール

コメントトラックバック

ピュアにちょっと感動

コメントトラックバック

Date  2014/8/8 Category  GATE inc. / 五月女圭一 / 採用情報

昨日は大学のゼミに参加してきました。
あれこれ弊社のZABOUについて時間をかけて研究してくれたものをプレゼン資料までつくって発表していただきました。

みなさん緊張していたと思いますが
実にピュアで五月女ちょっと感動です。

学生さんはみな消費者の視点で思ったことを書き出してくれてました。
その「思った」ことが事実。
で、それだけが事実だってことがなんとなくわかってくれたかなーって感じ。

その思ったことを少なくともマイナスでなく
できることならプラスで「思って」もらえるように努力する。

それがシンプルなストアビジネスの要点。

お店のスタッフからすると
お店のスタッフの立場になってしまって
リアルな消費者の気持ちってのを忘れがち。
自分がその立場になるとそう思うのに、今いる立場からものを見てしまう。

お店にこもりがちになると、そうなりやすい。
もっともっと外に出て、客観的に自身をみれるようになるといいだろなあと。

客観視できるようになると、自分自身もセルフで修正かけられるようになるし。

経験したことない立場のイメージもだんだんつくようになる。
その立場になって考えれるかどうかが幅を広げることになる。
し、やさしくなる。

いくつかのパートではちょっと踏み込んだ発表もしてくれました。
単なる消費者視点じゃなくて、別の立場からの視点が発動してました。
ヽ(´ー`)ノナカナカヤルジャナイスカ

既存のスタッフもついこないだまで
大学生だった子もいるわけで
その数年の違いって何かというと
ビジネスにふれてること。
それだけだと思う。

環境や機会は人を育てる。
せっかく若くて可能性のある時期だから
もっともっと企業側が積極的に機会演出してあげれるといいでしょね。

学生さんが遠慮しているようにしてるのは企業側の問題。
学生さんってのはまだ何もしらないわけだから
ちゃんと現実を見せてあげたり
夢を描けるような環境づくり手伝ったり。
なんかできることあるはずです。

頑張っている後輩を導くのは先人の義務。

私も若い時からいろんな先人に導いてもらってきました。
もちろん未だにお世話になりっぱなしです。
みなさんもきっとそんな気持ちでいらしたんだろな。

引き続きコミュニケーションとることになりますし、今後も楽しみが続きます。
実践女子大学高橋ゼミの皆様ありがとうございます。
またたくさんお話し聞かせてくださいね。

コメントトラックバック

独立したい方向けの話

コメントトラックバック

Date  2014/5/3 Category  五月女圭一 / 採用情報

よく独立したいという相談をいただきます。

1位は飲食店
20年以上それは変わらず不動の1位です

皆さんイメージしやすいんでしょう
日常的にどこかのお店にいかれるでしょうし

やるのは構わないです
むしろどんどんやったらいい

飲食店ってのは人によって大きく顧客も売上も変わります
自力でのし上がるならもってこいですよ

凄いやつが頭角を表すのにすごく向いている商売です
商売の構造もシンプルですしね
わかりやすい

でもね
参入障壁が低く、誰でも出来そうなところは、ものすごく成功率が低いです

自分で考えつくようなことは初めてなわけないし
そもそも自分でやってこられている方はやりたいなんていわないし
ずっとやっているベテランで歴戦の猛者がウヨウヨいるし

そんな時は単独ではじめないで
それっぽいところで修行してからでも全然遅くないと思うわけです

単純にイノベーション成功確率5%をくぐり抜けることを考えると
すでに生き残っているところでそこのノウハウ吸収してからでも遅くないですし
むしろそちらのルートの方がサバイバル力が身につきます

見かけより
緻密に考えられていて
そして大胆に権限移譲していて…
学ぶところがたくさんあると思います

うちなんかでも同じ
中に入って実際やってみて
少なくともうちを倒せるぞって思ってから独立しても遅くない

転職される方の大多数が前職に不満があっての退職
逆をいえば、独立して営んだとしても働く方は同じように不満をもつ

もっと可能性が広がるような場面をつくってあげれれば
仕事自体が面白くなるのはわかっていても
そういう場面すらつくる余裕がないものです

これだけ不況だなんだっていってる最中に
ジャングルの中にハダカで飛び込むようなことはオススメしません

残っているところには理由がある
それを身につけたいって転職理由があってもイイと思う

コメントトラックバック

日本人以外の方も募集・採用します

コメントトラックバック

Date  2014/4/13 Category  採用情報

外国人の雇用については控えておりましたが、やっと検討できる段階になりました
現地法人での海外展開も控えておりますし、遠慮なく応募してください

採用情報
http://gateinc.jp/recruit#message

余談ですが
先日タイとミャンマーの就職を希望されている方々とお話しました
すごく気持ちがあってとても有意義な時間でした

採用を具体的に検討してます
また今後も機会をつくる努力をします

ぜひ遠慮なく応募してください

コメントトラックバック

ブログ
カテゴリ
アーカイブ
検索
コラム

COPYRIGHT(C)2010 Gate Inc. All Rights Reserved.

利用規約 | プライバシーポリシー

Design by TUNA