五月女 圭一の走り方

最近の記事

RSS

【漁業への本格参入】三重県尾鷲市にて水産資源に優しい定置網漁を開始します。  

コメントトラックバック

Date  2017/10/30 Category  GATE inc. / プレスリリース

****ゲイト広報よりお知らせです****

飲食・農林水産・ヘルスケア・IT活用サービス事業に取り組み、
東京都内を中心に19店舗のストアビジネスを運営するゲイトは、
この度、漁業への本格参入として、三重県尾鷲市須賀利町にて水産資源に優しい定置網漁を開始することとなりました。

須賀利町は隣接する紀北町に囲まれた尾鷲市の飛び地で、
今でも日本の原風景が残る趣深い漁村です。

複雑なリアス式海岸の湾奥に位置する恵まれた漁場で、
かつては漁業で栄えた歴史もありますが、
近年、過疎による少子高齢化、後継者不足により衰退傾向にあるのも現実です。

貴重な資源を守り、地域の歴史や伝統を大切に受け継ぎながら、
このような地域課題の解決に取り組むことは企業の義務だと認識し、
支えて下さる地域の企業や漁業協同組合、漁業者、自治体の方々の協力を経て、新たな一歩を踏み出せました。

なにかとご縁ある三重県。

じわじわとですが、
今後弊社の経営する居酒屋店舗で使用する食材の8割を三重県産にしたいと考えており、
将来的には東紀州地域に本社を移転する計画です。

三次産業である飲食店の六次産業化や自社配送などは稀な取り組みではありますが、
他社でも同様に進められる可能性があり、
企業誘致と組み合わせると追随する企業が出てくるのではないかと考えております。

事業や産業の発達あってこその地域活性。

弊社が一連の取り組みを成功させることは
三重県の水産、しいては国の水産の発展につながるのではないかという考えのもと、
これからも一層努力してまいります。

さて、久々の投稿でいきなりの漁業参入のお知らせって・・・。

そもそもゲイトってなんぞや。
一体何やってる会社なのよ?!
え、どうなっちゃってるの??

そう思われる方も多いと思います。

そこでこれまでの取り組みを記してみました。

【食の流通構造に疑問を持ち、所縁ある地域での6次産業化を推進】
2016年11月に三重県熊野市にて
後継者不在で廃業予定であった水産加工場(現屋号:ふじかど)の事業継承を受け、
水産部門を設立の上、水産加工を開始しました。

三重県で水揚げされた魚と尾鷲市の海洋深層水を材料に天日干しした干物などをメニュー化し、
同年12月には東京都内の自社飲食店舗にて提供。

食文化の価値観を今一度見直し、水産物流通と地域課題解決に貢献したいという想いから、
今回三重県尾鷲市須賀利町にて水産資源に優しい定置網漁を開始することとなりました。
(定置網漁の開始は台風の影響等で日程調整中)

【持続可能でもうかる漁業構造への取り組み】
農林漁業従事者の減少は加速しており、
三重県では平成15年で12,261人であった漁業就業者数は、
平成20年には9,947人、平成25年時点では7,791人であることが明らかになりました(※)

資源保護と経済性とを両立させた漁業に向け、サステイナブルな構造をつくるべく、
三次産業のノウハウと一次産業とを連携させた事業モデルを模索し、
一次産業に取り組む人口を増やすことに尽力して参ります。(※)三重県水産業・漁村振興指針より

【自社配送について】
物流運賃や人件費が高騰するなど、物流システムが限界に近づいているといわれるなか、
弊社では店舗への食材などの配送を月間約6000回しています。

飲食構造の改革を進めていく上で、物流は大きなテーマの一つと考えており、
都内近郊の自社物流を実現すべく、地産品を一括仕入れし、各店舗に配送するなど物流テストを重ねてきました。
2016年には、東京本社の1階を食材をより美味しく提供するための研究施設「キッチンラボ」として拠点化し、
三重県で水揚げ・加工した食材や神奈川県で収穫された野菜を東京のキッチンラボに集約し、
都内中心とした居酒屋13店舗への配送を開始しました。

【東京から地域へシフトした働き方改革】
近年、人口の東京一極集中に伴い 政府が掲げる働き方改革では、
地域において働く場の創出が課題になっています。

弊社は東京都墨田区に本社を置く企業ですが、
2012年にアメリカテネシー州メンフィス、2015年に三重県桑名市にサテライトオフィスを設け、
場所に捉われないテレワークによる業務効率化・改善に取り組んだ結果、
東京本社業務の1/3の削減を実現してきました。

今後は生産地に軸足を置くことで、地域の方々と協力体制の上、
地域資源を活かした事業を創出し、
顧客や関わる方々に多彩で豊かな食文化を伝えていけるよう事業継続課題にも取り組んでまいります。

【現在の具体的な働き方改革への取り組み】
・関わるスタッフ約140名に通信端末を支給し、クラウド型マニュアル作成ツール起用。
・テレビ会議システムを導入。
・職住近接制度により本社スタッフの6割が本社ビルや拠点に在住。
・自社居酒屋を何度でも無料利用できる社内制度を設け、食の習慣や環境づくりを実現。

また活動の詳細はコーポレートサイトのインフォリストをご覧ください。

****今後のスケジュールについては下記の通りです****

■定置網船 八咫丸 出航祈願
2017年11月9日(木)10:00~@高宮神社(三重県尾鷲市)
神事、漁船のお披露目、餅まきを行います。

■漁業参入の発表および地方自治体の取組や課題について考える会
2017年11月14日(火)14:00~16:00@くろきん虎ノ門
マスコミ及び関係者向けに、漁業参入の発表を行います。
また尾鷲市長加藤千速氏や三重県の担当者、
ふるさと納税のブーム火付け役である株式会社トラストバンク代表須永珠代氏をお招きし、
地方自治体における取り組みや課題、一次産業の実態などを解説して頂くほか、
三重県尾鷲市の歴史や文化を紹介する試食会を開催いたします。

■東紀州の特産品の提供「三重祭り」
2017年11月14日(火)~11月30日(木)の期間、
自社配送を活用して直送した東紀州を
弊社が経営する都内を中心とした13店舗で提供します。
主な食材はとれたての地魚の干物、希少かんきつ新姫等。
また一部の料理に尾鷲海洋深層水塩を使用。

 

★お問い合わせ先★
ゲイト 広報部 福田/安福
TEL:03-6666-0075 Email:info@gateinc.jp

コメントトラックバック

【What is business continuity of a company?】

コメントトラックバック

Date  2017/10/23 Category  五月女圭一

企業は常に被災するものと思っている。
スタッフのご家族、顧客やクライアントの家族まで含めたら何が起きてもまず避けられない。
神戸淡路で現実を知り、311で絶望の中を走り、熊本で勇気をもらった。
気がついていたのにここまでくるのに20数年かかる。
偶然に支配されない。
リスクのヘッジとテイクを冷静に。
企業が社会の公器であるならば、継続性についてもっと議論とたゆまぬチャレンジがあっていい。

.

コメントトラックバック

【生産地ファースト】

コメントトラックバック

Date  2017/10/14 Category  五月女圭一

自社物流がついに生産地起点に。

東京→熊野→東京と熊野→東京→熊野では似て非なるもの。

思想に違いがでる。

そして熊野発の第1便に同乗。

もちろん自動運転車。

ヒトとモノの混載チャレンジと、移動の再定義へ。

次はバスだ。

コメントトラックバック

【生産地ファースト】

コメントトラックバック

Date  2017/10/2 Category  五月女圭一

各地、各所からいろいろテーマをいただく。

知恵の使いどころ、頭の使いどころ。

毎日やると3年で1000回くらい。

1つ1つ丁寧に。

コメントトラックバック

社長業って何?

コメントトラックバック

Date  2015/6/14 Category  五月女圭一 / 組織の作り方の特徴

社長業って何をするんですか?と聞かれることがある。
なんだろね、「社長業」って。

ということで振り返ってスケジュールを確認してみた。

・現場支援リーダー
・取材、講演
・緊急時の対策
・困った時駆けつける
・誰もできないことは解決させるための努力
・お金借りる時の連帯保証人
・資金繰りのために金策に走る
・交渉折衝調整
・物件視察
・システム保守管理
・大学で講師
・労務管理
・法務
・戦略策定
・対外的なコミュニケーション(飲食含む)
・新規事業段取り
・他社の顧問、モニタリング
・ユーザー側から検品

まー想像つくこともつかないことも含めて、周辺業務全部です。
他の社長は他のことやっていると思います。
五月女は現在どちらかというと管理本部よりを意識して動いてます。

経営の責任を負うのは共通で、企業によって社長の役割が違う。
しかも多様化していて正解なし。

たぶんステージごとに定義も変わるんだと思う。

現段階での五月女社長の定義を決めてみた。

「社長業とは
社長がいなくても、顧客に喜んでいただき、事業や組織が存続する仕組みをつくること」

完了したら事業、組織から社長はいなくなる。
事業、組織は次のステージへ向かうため新体制をひく。
新しいマネジメントは既存の必要なメカニズムを踏襲し、機能しなかった不必要な項目を捨てる。

もろもろ考えていると
株主総会、取締役会など会社の仕組みはよくできている。
セルフマネジメントは難しい。
客観的にマネジメントできる環境をつくることも会社の仕組みは押さえている。

企業は社会の公器であるわけでそりゃそうだ。
先人恐るべし。

長い期間をかけて、たくさんの経験をするから、環境適応していけるのだなあと最近実感している。
であれば、やはり社会と直に触れ続ける社長になって社長業体験してほしい。

ビジネスだから、問題課題が発生して、自分自身に矢印が向く。
プライベートで自分を追い込めるのはスポーツくらいかな。

日々鍛錬して、課題を越えていく。
ナチュラルに好きな人はきっとやり続けられると思う。

コメントトラックバック

ブログ
カテゴリ
アーカイブ
検索
コラム

COPYRIGHT(C)2010 Gate Inc. All Rights Reserved.

利用規約 | プライバシーポリシー

Design by TUNA