五月女 圭一の走り方

最近の記事

RSS

【ゆるゆる座談会開催のお知らせ】

コメントトラックバック

Date  2014/9/16 Category  GATE inc. / 五月女圭一 / 採用情報

ご好評いただいている弊社代表との会食の場を引き続きご用意いたします。
説明会や選考会でもなく、リラックスした時間の中で、皆様からのご質問やご相談をお聞きし、役立つ機会になれば幸いです。
ゲイトに所縁のある社会人、ビジネスマン、自由人の方も参加していただいてます。
ぜひお気軽にご参加ください。

日時
2015/1/13火18:00-20:00
2015/2/2月18:00-20:00
2015/2/16月18:00-20:00
2015/3/9月18:00-20:00

会場
新橋銀座 くろきん 和の家
東京都港区新橋1-9-2 新橋二光ビルB1
http://izakaya.gateinc.jp/shinbashi2

※参加費無料(食べ放題飲み放題)。
※参加希望の旨メッセージを事前にください。
※以後の予定は調整します。ご希望などがあればそちらもメッセージください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待たせしました。
直近就職活動控えてない大学1,2年生でもOKです。
あくまで五月女とゆるゆるで話す機会という設定です。

ご希望の方はメールrecruit@gateinc.jpになってますが、コメントでも、facebookでもLINEでも何でも大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かねてから就職を考えている学生の方、転職希望の方からリクエストをいただいておりました、弊社代表との会食の場をご用意いたしました。
説明会や選考会でもなく
リラックスした時間の中で
皆様からのご相談や、お話をお聞きし、ご要望に役立つ機会になれば幸いです。
ぜひお気軽にご参加ください。

会場 新橋銀座 くろきん 和の家
〒105-0004 東京都港区新橋1-9-2 新橋二光ビルB1

http://izakaya.gateinc.jp/shinbashi2

※参加費無料(食べ放題飲み放題)

9/23 火 1300-1500 
10/2 木 1800-2000
10/20 月 1800-2000
10/28 火 1800-2000
11/17 月 1800-2000

※参加の事前予約希望の旨メッセージをください
もしくはrecruit@gateinc.jpまでメール

コメントトラックバック

ピュアにちょっと感動

コメントトラックバック

Date  2014/8/8 Category  GATE inc. / 五月女圭一 / 採用情報

昨日は大学のゼミに参加してきました。
あれこれ弊社のZABOUについて時間をかけて研究してくれたものをプレゼン資料までつくって発表していただきました。

みなさん緊張していたと思いますが
実にピュアで五月女ちょっと感動です。

学生さんはみな消費者の視点で思ったことを書き出してくれてました。
その「思った」ことが事実。
で、それだけが事実だってことがなんとなくわかってくれたかなーって感じ。

その思ったことを少なくともマイナスでなく
できることならプラスで「思って」もらえるように努力する。

それがシンプルなストアビジネスの要点。

お店のスタッフからすると
お店のスタッフの立場になってしまって
リアルな消費者の気持ちってのを忘れがち。
自分がその立場になるとそう思うのに、今いる立場からものを見てしまう。

お店にこもりがちになると、そうなりやすい。
もっともっと外に出て、客観的に自身をみれるようになるといいだろなあと。

客観視できるようになると、自分自身もセルフで修正かけられるようになるし。

経験したことない立場のイメージもだんだんつくようになる。
その立場になって考えれるかどうかが幅を広げることになる。
し、やさしくなる。

いくつかのパートではちょっと踏み込んだ発表もしてくれました。
単なる消費者視点じゃなくて、別の立場からの視点が発動してました。
ヽ(´ー`)ノナカナカヤルジャナイスカ

既存のスタッフもついこないだまで
大学生だった子もいるわけで
その数年の違いって何かというと
ビジネスにふれてること。
それだけだと思う。

環境や機会は人を育てる。
せっかく若くて可能性のある時期だから
もっともっと企業側が積極的に機会演出してあげれるといいでしょね。

学生さんが遠慮しているようにしてるのは企業側の問題。
学生さんってのはまだ何もしらないわけだから
ちゃんと現実を見せてあげたり
夢を描けるような環境づくり手伝ったり。
なんかできることあるはずです。

頑張っている後輩を導くのは先人の義務。

私も若い時からいろんな先人に導いてもらってきました。
もちろん未だにお世話になりっぱなしです。
みなさんもきっとそんな気持ちでいらしたんだろな。

引き続きコミュニケーションとることになりますし、今後も楽しみが続きます。
実践女子大学高橋ゼミの皆様ありがとうございます。
またたくさんお話し聞かせてくださいね。

コメントトラックバック

ストレスをなくしていく。

コメントトラックバック

Date  2014/6/9 Category  組織の作り方の特徴

ストレスをなくしていく。
歯をくいしばったままでは長い時間走れない。

発生したストレスにより
ダメージをうけることが問題。

ものとものが接触している摩擦がストレス。
触れていなければストレスは発生しない。
だからといって
常時ストレスが発生しないことは考えづらい。
放っておくとストレスは発生してしまう。

だから
ストレスをいるストレスといらないストレスをわけてみる。

いるストレスはなくしてはいけない。
それによって鍛えられるストレス。
役に立つストレス。

常に満足せず、常に不十分であるならば
いるストレスが発生し、それを解消するための努力をできる可能性がある。

いらないストレスにかまっている場合ではない。
いらないストレスは勝手に消えていくはずだ。

もしくは
いらないストレスを先に排除する。
カラダも頭も軽くなるはずだ。

コメントトラックバック

失敗はする。

コメントトラックバック

Date  2014/5/30 Category  組織の作り方の特徴

失敗はする。
繰り返さないことが大切。
事前の構造把握、シナリオの準備、十分な段取りで再発を予防する。

失敗はする。
失敗をしないことなどありえない。

失敗は機会と捉える。
発達させるチャンスだ。

そして成功はいつも不十分だ。
人は成功に満足いくことなどない。
よってすべてが失敗と考えても良い。

コメントトラックバック

自分以外はすべてお客様。

コメントトラックバック

Date  2014/5/26 Category  組織の作り方の特徴

自分以外はすべてお客様。
よって常に誰に対しても同じ対応になる。

仮に組織内にいたとしてもフリーエージェントだと思えば良い。
外部なら失敗して次も仕事をもらえることなどありえない。
組織内だと双方甘くなる場面をよく見かける。

むしろ対応を使い分ける方が難易度が高い。
無駄な基準をつくる必要はない。

そうすれば
みんなでいようが
一人になろうが
組織にいようが
組織の冠がなくなろうが
大した問題ではなくなる。

お客様と接するからこそ鍛えられる。
その積み重ねでしかない。

コメントトラックバック

ブログ
カテゴリ
アーカイブ
検索
コラム

COPYRIGHT(C)2010 Gate Inc. All Rights Reserved.

利用規約 | プライバシーポリシー

Design by TUNA