五月女 圭一の走り方

最近の記事

RSS

自分以外はすべてお客様。

コメントトラックバック

Date  2014/5/26 Category  組織の作り方の特徴

自分以外はすべてお客様。
よって常に誰に対しても同じ対応になる。

仮に組織内にいたとしてもフリーエージェントだと思えば良い。
外部なら失敗して次も仕事をもらえることなどありえない。
組織内だと双方甘くなる場面をよく見かける。

むしろ対応を使い分ける方が難易度が高い。
無駄な基準をつくる必要はない。

そうすれば
みんなでいようが
一人になろうが
組織にいようが
組織の冠がなくなろうが
大した問題ではなくなる。

お客様と接するからこそ鍛えられる。
その積み重ねでしかない。

コメントトラックバック

仕事は素でやる。

コメントトラックバック

Date  2014/5/22 Category  組織の作り方の特徴

仕事は素でやる。
自分をつくらない。
素の自分がパワーアップするから仕事が徐々にできるようになってくる。

ナチュラルな状態で思考や行動の上書きを繰り返す。
演技でやっても身にならない。

仕事は変わりゆく環境の中で適応することそのものを指す。
よって変わるのは自分自身。

しかし、おっさんになってくると固くなってくる。
柔らかいうちに体質をつくろう。

コメントトラックバック

組織とは事業上の成果のためのもの

コメントトラックバック

Date  2014/5/11 Category  組織の作り方の特徴

組織とは事業上の成果のためのもの。
つまり、顧客を増やすことありきで組織をつくっている。

組織維持のために、組織をつくるのではない。
組織の自己都合では顧客に通用しない。

求める成果によって、組織の編成は変わる。
すなわち、常に変化の可能性があるのが組織というもの。

弊社は結果的にリゾーム型になっているが狙ってやっているわけではない。
必要に迫られて、自然とそうなっただけ。

アメーバ型でも、階層型でも、事業部型でも機能すればなんでも良い。
各々の組織が使いこなせる陣形をとれば良い。

環境変化に適応する経営に決め事はない。

コメントトラックバック

ディーター・ラムス氏による「グッド・デザイン」の十か条

コメントトラックバック

Date  2014/5/10 Category  五月女圭一

1. 革新的であること (Is innovative)
2. 便利な製品であること (Makes a product useful)
3. 美しいこと (Is aesthetic)
4. 分かりやすい製品にすること (Makes a product understandable)
5. でしゃばらないこと (Is unobtrusive)
6. 正直なこと (Is honest)
7. 恒久的なこと (Is long-lasting)
8. 首尾一貫していること (Is thorough down to the last detail)
9. 環境に配慮すること (Is environmentally friendly)
10. 可能な限りデザインをしないこと (Is as little design as possible)

コメントトラックバック

独立したい方向けの話

コメントトラックバック

Date  2014/5/3 Category  五月女圭一 / 採用情報

よく独立したいという相談をいただきます。

1位は飲食店
20年以上それは変わらず不動の1位です

皆さんイメージしやすいんでしょう
日常的にどこかのお店にいかれるでしょうし

やるのは構わないです
むしろどんどんやったらいい

飲食店ってのは人によって大きく顧客も売上も変わります
自力でのし上がるならもってこいですよ

凄いやつが頭角を表すのにすごく向いている商売です
商売の構造もシンプルですしね
わかりやすい

でもね
参入障壁が低く、誰でも出来そうなところは、ものすごく成功率が低いです

自分で考えつくようなことは初めてなわけないし
そもそも自分でやってこられている方はやりたいなんていわないし
ずっとやっているベテランで歴戦の猛者がウヨウヨいるし

そんな時は単独ではじめないで
それっぽいところで修行してからでも全然遅くないと思うわけです

単純にイノベーション成功確率5%をくぐり抜けることを考えると
すでに生き残っているところでそこのノウハウ吸収してからでも遅くないですし
むしろそちらのルートの方がサバイバル力が身につきます

見かけより
緻密に考えられていて
そして大胆に権限移譲していて…
学ぶところがたくさんあると思います

うちなんかでも同じ
中に入って実際やってみて
少なくともうちを倒せるぞって思ってから独立しても遅くない

転職される方の大多数が前職に不満があっての退職
逆をいえば、独立して営んだとしても働く方は同じように不満をもつ

もっと可能性が広がるような場面をつくってあげれれば
仕事自体が面白くなるのはわかっていても
そういう場面すらつくる余裕がないものです

これだけ不況だなんだっていってる最中に
ジャングルの中にハダカで飛び込むようなことはオススメしません

残っているところには理由がある
それを身につけたいって転職理由があってもイイと思う

コメントトラックバック

ブログ
カテゴリ
アーカイブ
検索
コラム

COPYRIGHT(C)2010 Gate Inc. All Rights Reserved.

利用規約 | プライバシーポリシー

Design by TUNA