五月女 圭一の走り方

最近の記事

RSS

ストレスをなくしていく。

コメントトラックバック

Date  2014/6/9 Category  組織の作り方の特徴

ストレスをなくしていく。
歯をくいしばったままでは長い時間走れない。

発生したストレスにより
ダメージをうけることが問題。

ものとものが接触している摩擦がストレス。
触れていなければストレスは発生しない。
だからといって
常時ストレスが発生しないことは考えづらい。
放っておくとストレスは発生してしまう。

だから
ストレスをいるストレスといらないストレスをわけてみる。

いるストレスはなくしてはいけない。
それによって鍛えられるストレス。
役に立つストレス。

常に満足せず、常に不十分であるならば
いるストレスが発生し、それを解消するための努力をできる可能性がある。

いらないストレスにかまっている場合ではない。
いらないストレスは勝手に消えていくはずだ。

もしくは
いらないストレスを先に排除する。
カラダも頭も軽くなるはずだ。

コメントトラックバック

失敗はする。

コメントトラックバック

Date  2014/5/30 Category  組織の作り方の特徴

失敗はする。
繰り返さないことが大切。
事前の構造把握、シナリオの準備、十分な段取りで再発を予防する。

失敗はする。
失敗をしないことなどありえない。

失敗は機会と捉える。
発達させるチャンスだ。

そして成功はいつも不十分だ。
人は成功に満足いくことなどない。
よってすべてが失敗と考えても良い。

コメントトラックバック

自分以外はすべてお客様。

コメントトラックバック

Date  2014/5/26 Category  組織の作り方の特徴

自分以外はすべてお客様。
よって常に誰に対しても同じ対応になる。

仮に組織内にいたとしてもフリーエージェントだと思えば良い。
外部なら失敗して次も仕事をもらえることなどありえない。
組織内だと双方甘くなる場面をよく見かける。

むしろ対応を使い分ける方が難易度が高い。
無駄な基準をつくる必要はない。

そうすれば
みんなでいようが
一人になろうが
組織にいようが
組織の冠がなくなろうが
大した問題ではなくなる。

お客様と接するからこそ鍛えられる。
その積み重ねでしかない。

コメントトラックバック

仕事は素でやる。

コメントトラックバック

Date  2014/5/22 Category  組織の作り方の特徴

仕事は素でやる。
自分をつくらない。
素の自分がパワーアップするから仕事が徐々にできるようになってくる。

ナチュラルな状態で思考や行動の上書きを繰り返す。
演技でやっても身にならない。

仕事は変わりゆく環境の中で適応することそのものを指す。
よって変わるのは自分自身。

しかし、おっさんになってくると固くなってくる。
柔らかいうちに体質をつくろう。

コメントトラックバック

組織とは事業上の成果のためのもの

コメントトラックバック

Date  2014/5/11 Category  組織の作り方の特徴

組織とは事業上の成果のためのもの。
つまり、顧客を増やすことありきで組織をつくっている。

組織維持のために、組織をつくるのではない。
組織の自己都合では顧客に通用しない。

求める成果によって、組織の編成は変わる。
すなわち、常に変化の可能性があるのが組織というもの。

弊社は結果的にリゾーム型になっているが狙ってやっているわけではない。
必要に迫られて、自然とそうなっただけ。

アメーバ型でも、階層型でも、事業部型でも機能すればなんでも良い。
各々の組織が使いこなせる陣形をとれば良い。

環境変化に適応する経営に決め事はない。

コメントトラックバック

ブログ
カテゴリ
アーカイブ
検索
コラム

COPYRIGHT(C)2010 Gate Inc. All Rights Reserved.

利用規約 | プライバシーポリシー

Design by TUNA